治療について

  • 表紙  > 
  • 治療について
 

歯は消耗品

歯は消耗品
 
削った歯は戻らない
 歯は多くの研究により削った歯ほど消滅するのが早いということがわかっています。乳歯は生え変わりますが、永久歯はなくなってしまうとそれっきりです。健康な歯でも生涯にわたって摩耗などで減り続けますが人為的に歯を削ることは極力避けなければなりません。ですからもし虫歯ができてしまった場合は削る大きさを最小限にとどめます。
 

虫歯ができたら

虫歯ができたら
 
削るか削らないか。
 むし歯はある日突然大きな穴として出現するわけではありません。目で確認できない状態から虫歯は始まります。そういったむし歯かどうか判断できないなりかけの状態(専門的にはCOと言います)では歯ブラシやフッ素塗布などで健康な状態に戻ることがあります。また、はっきりとしたむし歯の形となったとしても、食習慣を改善したり、歯ブラシの励行、フッ素塗布などで長期間進行を遅らせ日常的に何ら問題がない状態で維持することができます。
 ただレベル的にこういった方法で進行を遅らせることが不可能と判断された場合は、歯を削って詰める(かぶせる)という治療に進まざるを得ません。
 

麻酔

麻酔
 
麻酔の注射は痛い?
  歯の治療では麻酔はなくてはならない処置ですが、昔からその麻酔自体が痛いというのが定番でした。しかし現在でも麻酔は注射ですが、電動の器械による無痛的な操作に変わりました。患者さんによっては針を刺したことに気づかない方もいらっしゃいます。もちろん痛い場合もありますし場合によっては従来通りの手動による注射を行う場合もありますが、注射によるストレスをだいぶ軽減できるようになっています。
 

子供の歯

子供の歯
 
子供はまだ小さいけどどうやって治療するの?
 歯科医院にかかるのが初めての子供さんにむし歯ができてしまったときなどは、緊急を要するとき以外はすぐに歯を削ったりすることはありません。まずはむし歯の進行止めの薬を塗ったり、フッ素塗布を行います。またむし歯が多いは比較的小さいむし歯から始め、診療室の雰囲気に慣れた頃になって重いむし歯の治療(場合によっては麻酔して)に進みます。
 

歯周病とは

歯周病とは
 
歯周病の怖さ
 歯そのものに穴があいたりするのはむし歯ですが、歯の周りの歯ぐきや骨が弱ってくるのが歯周病です。若い年齢層ではむし歯が圧倒的に多いのですが、40代あたりを境に歯周病の割合が増えて逆転します。初期のころはほとんど痛みを感じませんが、ある日違和感を感じるようになってきたら相当進行している場合があります。重症の場合は虫歯が一切なくてもポロリと歯が抜けてしまうこともあります。主な原因は
  ①歯の汚れ(歯石や歯垢)
  ②かみ合わせ(歯ぎしりや歯の酷使) 
  ③全身の問題(喫煙、糖尿病など)
などが考えられます。またやっかいなことに歯周病はさまざまな全身疾患に対し悪影響を及ぼします。特に中年以降の世代では歯周病に対して重点的に予防対策をとる必要があります。
 

歯を失ったら

歯を失ったら
 
抜いた歯の代わり
 何らかの理由で歯を抜いてしまうと、そこにはどんな歯を入れるかについての検討をしなければなりません。通常はブリッジ、とりはずしの義歯、インプラント等を入れる、あるいは全く入れないで済ませるなどの選択肢があります。このことについてここでどれが最も良い方法であるかは決めることはできません。それぞれに長所、短所があり個人個人の口の中の状況や希望に応じて選択されることになります。確かに学術的な見方から決めることは大事ですが患者様の意向等を十分反映して総合的に決定することになります。
 

義歯(とりはずしの入れ歯)

義歯(とりはずしの入れ歯)
 
義歯の役割
 多くの歯を失うと、とりはずしの義歯を入れることがあります。実際、義歯は自分の歯と比べると強い力ではかめませんし、熱いものや冷たいもの、硬いものと軟らかいものとの区別がつきにくく、異物感、不快感が出ることは避けられません。
 しかし義歯には失った歯の多くの役割を代わりに果たすことができます。義歯を装着することによって自分の歯と同様とはいきませんが、咀嚼(噛むこと)、嚥下(飲み込み)、審美性(見た目)を一定の段階まで回復することができます。歯を失ってしまったら悲観的にならず積極的に装着することをお勧めいたします。
 

メインテナンス(歯のクリーニング)

メインテナンス(歯のクリーニング)
 
痛いところがなくても歯科医院に通うのが大切
    ※拡大できます
 自分の歯をなくさないことがとても大事だということはお分かりだと思いますが、実は歯が痛くなった時だけ歯医者に通うのではなく、定期的に歯科医院で健診とPMTC(専門的な歯のクリーニング)を受けることによって虫歯や歯周病を予防し、歯を失う確率が格段に下がることがわかっています。またせっかく入れた義歯やブリッジ、インプラントなども定期的に健診やPMTCを行うことによって長期間快適に使えることができます。自分の歯あるいは補綴物(入れた歯)をより長く使い続けるのであれば定期的なメインテナンスとしてPMTCを受けることをお勧めいたします。
 

歯を白くしたい

歯を白くしたい
 
どうやって白くするの?
 歯を白くする方法には
  ①歯の汚れを取る(クリーニング)。
  ②白い歯をかぶせる(補綴処置=ほてつしょち)。
  ③歯そのものを白くする(ホワイトニング)。
などがありそれぞれ長所短所があります。①は汚れを取るので歯が白くなりますが本来の歯の白さよりは白くなりません。②は思った色の白さにすることができますが、歯を削るという犠牲を払います。③は歯そのものが白くなりますが詰め物やかぶせた歯までは白くなりませんし健康保険ではできません。どの方法が良いかは十分に相談してから決定しましょう。
 
 
①歯の汚れを取る 

 
 
 
初診時の一例です。
 
歯周病の原因となる歯石と歯垢を除去しました。
 
歯面清掃器(ポラリス:オサダ社製)にて微細な汚れを取りました。
※保険適用外です。効果は個人によって異なります。
   
②白い歯をかぶせる

 
 
 
昔入れた歯の色が黄ばんできました。
 
かぶせ直して自然に近い色にしました。
※個人により治療内容が変わります。
   
③歯そのものを白くする

 
 
 
           術前                          術中                          術後
               当医院使用Tion(GC社)によるホワイトニング ~GC社HPより~
 

治療の明確な説明とデータの保存

治療の明確な説明とデータの保存
 
 当医院ではレントゲン写真や、口の中の写真、歯周病の検査結果などはデジタルで一括保存してありますのでデジタル化してあるデータはモニター画面にてすべてお見せすることができます。
 また治療方針、治療計画、診療内容等も、様々な検査結果、統計や資料をお見せすることによって患者様の納得のいく明確な説明をしたうえで決定し治療を開始いたします。疑問な点、不明な点は是非歯科医師までおたずねください。
 
 たとえば歯周病の程度を知るには口の中の歯1本につき数か所の歯肉を検査し、これを全部の歯で行い数値で表します。この検査結果は全て患者様にお見せできますので、これによって今後の治療の進め方、改善の予想などについて十分な説明を行うことができます。
<<まさと歯科医院>> 〒989-4521 宮城県栗原市瀬峰下田198-1 TEL:0228-38-2266 FAX:0228-38-2266